キーワードimage01 キーワードimage01 キーワードimage01

新着情報

◆2016/05/18
洗顔石鹸の正しい保管方法とはを新規投稿しました。
◆2015/08/18
しゃくなげ花酵母豆乳せっけんの成分からみる魅力の情報を更新しました。
◆2015/08/18
しゃくなげ花酵母豆乳せっけんの評判についての情報を更新しました。
◆2015/08/18
しゃくなげ花酵母豆乳せっけんの人気はやっぱりここ!の情報を更新しました。
◆2015/08/18
洗顔石鹸でしっかりニキビ対策の情報を更新しました。

洗顔石鹸の正しい保管方法とは

どんなに優れた洗顔石鹸でも、保管の仕方しだいで、効果がなくなってしまいます。雑菌にまみれた石鹸を使っていませんか。それが肌荒れを招いている可能性も否めません。正しい保管方法を覚えておきましょう。

石鹸を洗いましょう

石鹸は身体を洗うものです。しかし石鹸自体も洗いましょう。考え始めたらきりはありませんが、石鹸はいつでも清潔な状態にしておきましょう。

大切なポイントは、石鹸を使い終わったら、流し水で表面の汚れを取り除くことです。桶に溜めた水は、雑菌が残っている可能性があるので止めましょう。

ただし洗顔石鹸は水に溶けやすいタイプが多いようです。ゴシゴシやると、直ぐになくなってしまいます。ほどほどにしましょう。

乾かして保管しましょう

普段は洗顔石鹸をどこに置いていますか。お風呂場にある場合の注意点は何でしょうか。

第一に湿気を防ぎましょう。知らない間に溶け出していることもあります。特にシャワーや湯船からのお湯が当たったりしていませんか。

お風呂上りや洗面所でも、使った後は乾かしましょう。わざわざタオルで拭き取る必要はありませんが、水はけを考えましょう。

石鹸箱の下に水が溜まっていませんか。石鹸自体は栄養の塊です。水分があれば雑菌やカビが直ぐに繁殖します。石鹸としての意味がなくなります。

高温や直射日光もよくありません。表面にひび割れができると、そこに雑菌や汚れが入りこんでしまいます。風通しのよい蓋をしましょう。

面倒ではありますがベストな保管方法は、表面の水気をキッチンペーパーなどで吸い取り、乾燥剤と一緒に石鹸箱へ入れ、冷蔵庫内に置くことです。できる範囲でやってみましょう。

▲PAGE TOP