キーワードimage01 キーワードimage01 キーワードimage01

新着情報

◆2016/05/18
洗顔石鹸の正しい保管方法とはを新規投稿しました。
◆2015/08/18
しゃくなげ花酵母豆乳せっけんの成分からみる魅力の情報を更新しました。
◆2015/08/18
しゃくなげ花酵母豆乳せっけんの評判についての情報を更新しました。
◆2015/08/18
しゃくなげ花酵母豆乳せっけんの人気はやっぱりここ!の情報を更新しました。
◆2015/08/18
洗顔石鹸でしっかりニキビ対策の情報を更新しました。

洗顔石鹸を使ってお肌がピリピリしたら?

k5ksdzntetz5tqw洗顔石鹸を使っていてお肌がピリピリしたという経験はないでしょうか。
そんなときにはどのようなことが考えられるのか。そしてその原因によって、どのような対策が必要なのか考えてみましょう。

保湿成分が少ない石鹸
今まで使っていた洗顔石鹸より保湿成分が少ないと、ピリピリすることがあります。
しかしこれは、洗顔石鹸がきれいに洗浄をしたことで起るものであり、洗顔後に保湿ケアをしっかりすれば問題はなく、しばらく使っていると慣れてきます。
きちんと洗浄されていれば、洗顔石鹸の役割は果たされており、洗顔石鹸の質が悪いということには結び付きません。
しかし洗ったときにしっとりした感覚が欲しい人は、保湿成分の高い洗顔石鹸を使うようにした方がいいかも知れません。

ピリピリが続くなら
もし洗顔した後、肌のピリピリが続くようなら、はやり洗顔石鹸の洗浄力が強すぎるなど、肌に合わない可能性もあります。
また合成界面活性剤、合成保存料、合成着色料、合成香料、鉱物油などの添加物によって、肌が敏感に反応していることも考えられます。
その場合は、洗顔石鹸の切り替えも大切です。

敏感肌の場合
今まで自分は普通肌だと思っていても、あるときから急に何かのきっかけで敏感肌になることや、体調によって敏感肌になっているときもあります。
そんなときに洗顔すると、洗顔の後にピリピリしてしまうことなども考えられます。
そんなときには敏感肌でも安心して使えるような、肌に優しい洗顔石鹸に切り替えてみましょう。
できれば肌を擦らずに済む、泡洗顔のできる無添加のナチュラル洗顔石鹸をおすすめします。

◇まとめ
洗顔後のピリピリ感には、肌に合わない場合いと、保湿が不足が関係しているようです。
保湿不足の場合は、洗顔後に保湿ケアをすれば問題はありませんが、肌に合わない場合は早めに切り替える見極めが必要になりそうです。

▲PAGE TOP