キーワードimage01 キーワードimage01 キーワードimage01

新着情報

◆2016/05/18
洗顔石鹸の正しい保管方法とはを新規投稿しました。
◆2015/08/18
しゃくなげ花酵母豆乳せっけんの成分からみる魅力の情報を更新しました。
◆2015/08/18
しゃくなげ花酵母豆乳せっけんの評判についての情報を更新しました。
◆2015/08/18
しゃくなげ花酵母豆乳せっけんの人気はやっぱりここ!の情報を更新しました。
◆2015/08/18
洗顔石鹸でしっかりニキビ対策の情報を更新しました。

洗顔石鹸で美白対策と日焼け対策

jpb244q9pn95h45洗顔石鹸で洗顔することによって、美白対策と日焼け対策をすることができます。
これらの対策のできる洗顔石鹸について、もう少し掘り下げてみましょう。

◇日焼け対策
美白対策は日焼けしてしまってからの対策ですが、まず日焼けをしないための対策は、肌バリアを改善させることのできる洗顔石鹸を選ぶことです。
肌バリアが乱れてしまっていると、直射日光がそのバリアの乱れたところから細胞内に直接入り込んでしまうために、日焼けがひどくなります。
そこで日焼け対策のためには、まず肌バリアを改善することのできる保湿力の高い成分配合の洗顔石鹸を使うようにします。

◇美白対策
日焼けによってできてしまったシミやくすみを解消するためには、美白成分の配合された洗顔石鹸を使用するようにしましょう。
もう一つ、肌のターンオーバーを活発にする成分も重要になります。
肌の再生サイクル、いわゆる肌のターンオーバーが活発になるとシミが消えやすくなり、くすみも消えていきます。
もちろん美白作用の高い成分が配合されている洗顔石鹸を使いたいものです。

◇日焼け対策、美白対策のための成分について
日焼け対策や美白対策のために、効果の高い成分をご紹介したいと思います。
まず肌バリアを改善するためにはセラミド、そして肌細胞の網の目を作りコラーゲンを支える弾力成分のエラスチンなどがあります。
また角質層を整えるための保湿成分にはコラーゲン、ヒアルロン酸、そしてコラーゲンなどの細胞内生成を促進するためにはビタミンC誘導体などがおすすめです。

ターンオーバーを活発にするためには、プラセンタやEGFなどがあります。
また美白効果成分として、ビタミンC誘導体は美白効果とともにメラニン色素抑制効果もあります。
他にもハイドロキノン、アーティチョーク葉エキス、黄金エキス、サクラ葉エキス、シア脂、ユキノシタエキスなどもおすすめです。

◇まとめ
是非これらの成分配合の洗顔石鹸を使って、日焼けしにくい肌、美白、シミ対策などをしっかり実践していきましょう。

▲PAGE TOP